最近感じる事パート2

鉛筆の持ち方の事を書きましたが、お稽古をしていてもう一つ感じる事。

それは挨拶の事。

教室に入ってくる時は、大きな声で「こんにちは!」

帰る時は「ありがとうございました。さようなら。」

ほんとに当たり前の事だと思っていたのですが、これが出来ない子供が多いんですよね…。黙って入って来る子。お友達とお喋りしながら入って来る子。先生から、「こんにちは!」と言われてやっと挨拶する子や、それでもまだ知らん顔してる子。帰りも、黙って帰る子が居ます。先生の知らない間に居なくなってて、「あれ?○○ちゃん帰ったの?」みたいな…。

子供だけだと思っていたら、実は親御さんでも…。お子さんの送迎に教室まで来られるのですが、黙って入って来られて、こちらから「こんにちは!」と声を掛けると、黙って会釈だけ。ほんとに驚きです。親がこうだから、子供もそうなるわなぁ〜。と思う今日この頃ですが…。

自治会館でのお稽古は声で挨拶だけですが、お部屋でのお稽古では、座って挨拶をする練習もします。

img_3943

一年生の男の子J君は、挨拶がお気に入り(^ ^)

毎回必ず丁寧に座って挨拶をしてくれます。これがまた可愛いんです♡

J君みたいに、先生に言われなくても元気な声で挨拶出来るようになって欲しいなぁと思う今日この頃です。

挨拶も鉛筆の持ち方も、お稽古の時だけで無く、お家でも習慣付けて欲しいものです。