大人美文字レッスン

先日の大人美文字レッスンは、川西市で開講しました。
自治会館の和室でのレッスンで、ちょっと落ち着いた感じでした^^

実はお習字教室に通っているお子さんのお母さん。
今年中学生になったお子さんが、最近お習字を頑張っている様子を見て
私も!とご参加くださいました。

日頃お仕事で字を書く機会があったり、履歴書をよく目にしておられるらしく、字は綺麗な方が良いと実感しておられるとの事でした。

今回のレッスンでは、良く使う言葉や挨拶、ご自分のお名前とお子様のお名前の練習をして頂きました。

レッスン中は、
『子供たちは毎回この様な指導を受けているのですか?贅沢ですね!』
『もっと早く習っておけば良かった』
と、とても嬉しいお言葉をたくさん頂きました^^

ビフォーアフターの写真を撮り忘れてしまいましたが、短時間でとっても上達されました♪

目標の先輩

今回大人美文字レッスンにご参加頂いた方のお子様は、
習字教室に通ってくれている中学1年生の男の子sくんです。

お母さんは、
『まさかうちの子が、中学生になってもお習字を続けると思ってなかったのでビックリしたんです。』
と仰っていました。

私たち先生が見ていても、sくんは最近とっても上達してきていて、何と言ってもやる気が違ってきたね!と言っていたんです^^

そのやる気の原因が、お母さんから聞いてわかりました!
『今高校生の◯◯君の書く字に憧れていて、自分もあんな字が書きたい!と思っているみたいなんです。』
と、お母さんからお聞きしました。

なるほど!sくんは目標を見つけていたんです。

大人でも子供でも、目標が出来るとヤル気も変わってきますよね^^

目標を見つける

礼文庵習字教室は、幼児から成人までたくさんの生徒さんが一緒にお稽古しています。

子供も大人も時間を分けたりせず、同じ時間に幼児がいたり、高校生が居たりします。

幼児は小学生を見て、早く漢字が書きたい!と良く言います。

小学生は中学生の書く行書を見て、あんな文字を書いてみたいと言います。

中学生は高校生の書く文字を見て、早く大人の部になって作品を作ってみたいと言います。

この様に、憧れる存在が直ぐ近くに居る事で、あんな風になりたいと目標を見つけ安いんですね。

早く目標を見つける事が、上達の近道かも知れませんね^^

先輩は後輩に憧れられる様な文字が書ける様にならないとね^^